デロンギ・JURAユーラ・アスカソ・シモネリオスカー・サエコエスプレッソマシン専門店(家庭用、おすすめ、ランキング、比較サイト)

お気軽お問合せ特定商取引サイトマップエスプレッソマシン業務用マシン
エスプレッソマシーン専門店エスプレッソマシンの選び方で失敗しない理由安心のアフターサービス初めてのお客様へお買い物ガイド

 

故障しないエスプレッソマシン(ほぼほぼ)

 故障が少なく
 メンテナンス最小限

 

 

 

ECAM23420SB デロンギ マグニフィカS スペリオレ コンパクト全自動エスプレッソマシン

 おうちで、カフェみたいに

 楽しむなら

 

 

コーヒーだけなら、エスプレッソだけなら

 ミルクメニューは要らない

 ワンランク上の味を求める

 

 

 

JURAユーラとイタリアブランド(サエコ、デロンギ)の比較

 デロンギの良さもあり

 サエコの良さもあり

 新勢力ユーラの良さも。

 

 

 

失敗しないマシンの選び方

 

<サエコ製品のアウリカシリーズは、5年延長保証の対象外になります。>

 

エスプレッソマシンの故障対策は5年延長保証

 

 平均的な5年間の修理費用は

 弊社調査では

 約28,000円(業務使用含む)

 

 

 

 

 

エスプレッソマシン下取りします。 買い替えの際はご相談くださいませ

 

 まずは、下取りを相談!

 

 故障する前なら

 高価に下取り可能!

 

 

 

 

 

 

イタリアのビック3

エスプレッソマシン専門店

 

 

 

 

エスプレッソマシン専門店のアウトレット品 B級品

B級品、アウトレット、デモ機

新品交換マシンなど

 

 

 

サエコエスプレッソマシン メンテナンス品

 

 

 


はてなブックマークに追加  

 

専門店店長フォロー

 

 

エスプレッソマシン専門店TOP>> Q&A 2012年(実際にあった質問とお答え || ) 

 

Q&A 2012実際にあった質問とお答え| |||||||| |2013

以前のラブカプチーノQ&A

 

エスプレッソマシン専門店

 

  エスプレッソマシン専門店へお問合せがありました2012〜2013年のQ&Aです。

 

Q

 前略

  お忙しいところ恐縮ですが、エスプレッソマシンのことでお教え下さいませ。

 

  当方以前はコーヒーマシンで、ここ何年間はハンドドリップでコーヒーを・・・。

  少し時間的に余裕が持て、コーヒータイムを楽しみたい〜なと考えております。

 

 いろいろ検索して、貴HPに辿り着きました。そしてsaecoのタレアリングプラスに。

  そして今、デロンギのカフェ・ジャポーネに少し惹かれています。

 

 高が、コーヒー、然れど・・・。家庭でそんなにも高価なマシンが必要なのかとも。

  一杯のコーヒーで至福のときを過ごせればと思うのですが・・・。やはりマシンには

  それだけの価値があるのでしょうか?

 

A

 

  非常に難しい質問でして・・・

 

 ハンドドリップでコーヒーの良さと
 エスプレッソマシン系でのコーヒーは趣きが違いますね。

 透き通った酸味と甘みのコーヒーがドリップとしたら
 マイルドなクレマとコーヒーの苦味を楽しむのがエスプレッソ系でしょうね。

 それと、
 なんと言ってもミルクメニュー

 カフェラテやカプチーノ
 ラテアートなど
 最近では3Dラテアート 立体化しております。

 

  コーヒーをより深く楽しむならドリップで
 コーヒーを幅広く、また立体的(アートだけではなく、フレーバーなど)に
 楽しむのが、エスプレッソ系でしょうね。

 

 

 一杯のコーヒーで至福のときを過ごせれば・・・
 これは、解りません。

 エスプレッソを家庭で極めたり
 エスプレッソ系のメニューを 人に自分の手造りで振舞う方は
 アスカソやシモネリオスカーを購入されています。

 

  コーヒーをより身近に
 ミルク系(ラテやカプチーノ)を気軽に
 楽しむ時は
 デロンギ マグニフィカSプラスやタレア、エクセルシスを
 購入されていますね。

 

  エスプレッソマシンは道具に過ぎません。
 マシンを使って
 どんな 楽しみ方を期待するのか?
 望むのか?
  これが、無ければ 不要でしょうね。

 

 

Q

 はじめまして。

 エスプレッソマシンを初めて購入検討しています。
 

 コーヒーが好きで、毎日ドリップコーヒーを豆から手動のグラインダーで挽いて、

 安いドリップマシンで作って飲んでいますが、これはこれで悪くないものの、

 やはり家庭でのエスプレッソへの欲求が強くなり、購入検討に至りました。

 

 ウェブでいろいろ調べてきたのですが、こちらのサイトに行き着いた次第です。

 さて、具体的にはサエコのオデアカプチーノか、デロンギのESAM1000sjの

 どちらにするかで悩んでいます。

 この二つの機種の比較ができるサイトが見つけられず、

 よろしければわかる範囲で教えて頂ければと思います。

  ・エスプレッソ、ミルクフォームの品質の高さ
  ・ドリップコーヒーの品質
  ・メンテナンス、掃除のしやすさ
  ・メーカーサポートの充実度

 これらの点で、ご存知の範囲で結構ですので、違いを教えて頂ければ有難いです。

 アフターフォローのことを考えて、オデアであればこちらのショップでの購入を

 考えていますが、デロンギのこの機種は取り扱われていないのでしょうか?

 それではよろしくお願い致します。

A

 

 お問合せありがとうございます。
 早速
 

 具体的にはサエコのオデアカプチーノか、デロンギのESAM1000sj・・

 

 ●エスプレッソ、ミルクフォームの品質の高さ
  一般的には、クレマの出来栄えはSaecoの方が善い
  味もサエコが良いとの評価ですね。
  

  ESAM1000sjはミルクフォームは手造りですので、ご自分の腕次第。

  オデアカプチーノは、手造りとカプチナトーレになります。
  カプチナトーレの出来栄えは、動画を参照してくださいませ。
   http://www.youtube.com/watch?v=mfzeiBBctg0

 

 ●ドリップコーヒーの品質
  エスプレッソマシンは加圧式抽出法ですので、マシンでドリップはできません。
  一般的には
  泡立ちコーヒーとして(120cc、130cc)飲まれる方が
  多いですね。

 

  ドリップの澄み切った味ではなく
  クリーミーな泡が浮いたコーヒーですね(深煎りをよく使用されますので
  苦いと思われる方が多いですが・・・ マシンの味ではなく、豆の味なんですが)

  
 ●メンテナンス、掃除のしやすさ

  掃除のしやすさは同じ程度だとは思います。
  メンテナンスは、デロンギはユニットを洗浄しません。
  サエコはユニットのグリースアップ、ユニットの水洗い洗浄があります。
  これは、無いのがよいか? 有るのが良いのか? 何とも言えません。
  後は、共に徐石灰作業がございます。

 

 ●メーカーサポートの充実度
   これは、デロンギですね。 総合家電メーカーですので
  オペレーターがしっかりしていますね。
  実際の修理になれば、そう大差はないとは思いますが
  時期より、電話が繋がり難い、修理期間が長いなどは
  海外メーカーは共通した事だと思います(日本メーカーは優秀)
  充実度はデロンギですね。
  サエコは、充実していない分、弊社でアフターフォローやお問い合わせなど
  させて頂いております。

 

 ●デロンギのこの機種は、価格破壊機種ですので、弊社は扱っていません。
  かなり旧型でもありますので、扱う予定もございません。
  すいません。

 

 

  オデアの良さは
   ・グラインダーの音が静か
   ・クレマが出来やすい
   ・カプチナトーレでミルクが出来る

  ESAM1000sjの良さは
   ・安さ
   ・前面操作なので、横幅を取らない

    どちらにも長所と短所がありますので

 

   ご理解、納得されて購入されることをオススメしますね
   (*^_^*)

 


Q


 初めて問い合わせさせていただきます。


 来年の2月下旬にベーカリーを個人で開業します。
 パン以外にコーヒーも販売しようと考えています。
 ほぼ持ち帰り専門ですが、4〜6席は設けようと思っています。
 提供したいドリンクとしてはシロップ入りのラテ(アイス・ホット)とブレンドコーヒー、

 できたらカプチーノです。

 

 カフェよりもパン屋の比重が多いです。

 

 マシンとしてはタレアタッチ&ミルクアイランド、オデアジロ、

 タレアジロプラスミルクアイランドが適しているのかなと思っています。

 

 このような問い合わせで返信しづらいとは思いますが、どのマシンが向いているか

 教えていただけたら幸いです。

 

 もう一つ質問があります。
 家庭用のマシンは購入したら、コンセントにつなぐだけで特に問題はないと思いますが、

 業務用のマシンは排水の工事とか必要なのでしょうか?業務用マシンも家庭用と同様で

 工事は特に必要ないものなのでしょうか?

 

 宜しくお願いします。

 

 

A

     さま  

 お問合せありがとうございます。
 開業、おめでとうございます。
 \(^o^)/(^o^)/

 

 早速ですが
 卓上式マシンの場合は、業務用家庭用と言っても
 同じマシンです(部品が同じ)

 アフターサービスで家庭用は代替機マシンのサービスが
 無く、業務用の場合はあります(保証期間内は無料、1年以降は有料4,000円前後)

 タレアシリーズはタッチが終売になっておりまして
 リングとジロの2機種になります。

 

  リングはメニュー設定3つあり、ジロは手動で設定になります。
  操作方法はこちらを参照くださいませ。
  ・リングプラス
  http://www.e-espresso.net/talearing_0-2.html

  ・ジロプラス
  http://www.e-espresso.net/taleagiro_0-1.html

  今は、両機とも業務用対応マシンですので代用機あります。
  (保証期間内は無料、1年以降は有料4,000円前後)

  操作性が、リングが多少便利と言うぐらいの違いです。

 

 特徴は
  ミルクアイランドで凄くキメ細かいフォームが出来る点
  クレマが出やすい点ですね。

 弱点は
  両脇の作業スペースが必要な点です(両脇10cmぐらいは)

  サエコでこれの上の機種
  全面パネル操作でミルクメニューも全自動なのが

 

 エクセルシス
  http://www.e-espresso.net/xelsis_0-2.html

  これは、よく小さいカフェで売れていますね。

 

 また、よりコンパクトなマシンで
 ミルクメニューはさほど重視しない(自分で作る)
 なら、代替機はありませんが
 デロンギ マグニフィカSプラス
 http://www.e-espresso.net/delonghi_s-plus.html

 カフェでも使用されています。
 http://rateart.jugem.jp/?day=20120620
 http://latteheartcafe.jimdo.com/

 

 

 選ぶポイントは
  ・高くても楽でミルクメニューまで全自動なら
   エクセルシス
   http://www.e-espresso.net/xelsis_0-2.html

 

  ・木目細かいミルクフォームを重視するなら
   タレアシリーズ

  ・よりコンパクトなマシンなら
   デロンギ マグニフィカSプラス

  
   また、不明な点がございましたら
   お気軽にお問合せを (*^_^*) 

 

 

Q

 

 SUP016EとSUP038の違いを知りたくメールいたしました。

 当方、鹿児島で20-25席程度の店舗開店予定です。

 上部のカップ温め機能、粉でも使用できるか否かの違い、1日あたりの抽出可能回数等

 何となく理解いたしました。

 

 どちらかの機種の選択においての決め手を知りたいのです。

 また、
 御社HPを存分に拝見させていただきました。
 ご丁寧な説明にうなずき納得しながらの時間でした。

 

 さて、素人でフードカフェを始めようと準備中です。食材屋さんから暮ドリンクメーカーさんを

 紹介され、お薦めを受けているのがデロンギさんでしたが、何となくサエコさんも

 気になっていました。

 

 冒頭述べましたように、納得ができました。

 


A

 

 お問合せありがとうございます。

 さてさて早速
 SUP016EとSUP038の違いを知りたくメールいたしました。
 機能の大筋は同じですね。

 

 ロイヤルシリーズは欧州でも業務用として使用されるマシンです。
 型も古く、10年来の古風な形をしておりますね。
 丈夫と言う事がウリになっていますが、故障しないと言う訳ではありません。

 

 エクセルシス038は
 欧州では家庭用マシンです。 日本では、このクラスを家庭で使用される方は
 少ないので、日本では業務で多く使用されています。
 開閉などの頻度が多く成れば、部品の強度の問題で不具合もありますね。
 土日、1日50杯以上を出すようなお店の方では
 1年に1回は何か起きていますね。

 

 ほとんどの方は、1日50杯以上を出せれていませんので
 そう故障したと言う事は、10万円以下のマシンに比べて少ないですが・・

 

 2機種の使用上の大きな違いは
 ミルクメニューの扱いですね。

 

 SUP016ロイヤルはチューブ式で吸い上げてミルクフォームを作ります。
 フォームは少し荒目の泡になりやすいです、ジャストにセッティング出来れば
 木目細かく出来ますが、それには多少慣れが必要です。
 良い点は、部品がシンプルなので、掃除手間が楽。壊れない。

 
 エクセルシスSUP038は、木目の細かいミルクフォームが出来ます。
 カプチーノ、カフェラテ、フレーバーを入れてのミルクメニューなど
 豊富なメモリーも可能です。 泡も3段階に調整できますし
 ミルクの無駄も少なく、お掃除もかなり楽ですね。
 難点は、やや温い点です。これは、カップの温めやレンジを使用して
 カバーするしかないです。(欧州ネコ舌仕様ですので)

 

 デロンギもいい会社ですので遜色ないとは思います。

 

 保証はメーカー1年間保証があり
 不具合がありましたら、代替機の貸し出しサービスもあります。
 その点は、安心ですね。

 

 今、流行っているパンケーキもオススメですね。
 その秘密の装置はエスプーマ

 

  カフェ、バールの方も増えてきましたね。

  ここの方も
 最近 エスプーマを導入されました。
 http://bar-barns.jp/

  オリジナルメニューや、創作メニュー、創作ドリンクには

 

 エスプーマをおすすめします。
 http://www.espresso-saeco.com/leftnavi/espuma.html
 (今のスイーツ系の流行は、エスプーマでパンケーキ    
 http://www.eggsnthingsjapan.com/

  2012年から2013年のトレンド
  AKB48 御用達パンケーキ
  原宿と言えば  http://www.eggsnthingsjapan.com/

 
  他には、お好み焼のソールを泡にしたり
  わさび、醤油を泡にして 添えたり
  ポンズ、マヨネーズなども
  泡にして、ボリームをUPして サプライズ!!
  泡にして、食材にまとわりつくような食感など
  串カツやさんも大阪では使用し始めましたね。

 

   http://www.ki-mu-ra-ya.co.jp/
  ここは、若干 年輩(20~50歳)のカフェ

   下記は 10代〜20代の若者
  http://www.butter-pancake.com/

 
  以上、
  エスプーマを使ったメニューです。
  http://www.espresso-saeco.com/leftnavi/espuma.html

 


Q

 初めまして。

 ネット上より、御社のHPを拝見させていただき、連絡させていただきます。

 早速ですが、エスプレッソマシーンの購入を検討しております。
 しかし、素人のため全自動式にするかパウダー式にするか悩んでいます。

 用途としては、”家庭用に”と”好奇心”よりです。
 ですので、エスプレッソの基本的な方法を知りたいので当然パウダー式と
 考えてはいるのですが何せ素人のため躊躇しております。

 コーヒーが好きなので、是非極めれば本格的な物を作れる性能の物を探しているのですが、
 予算を10万円前後くらいで検討しています。
 そこで御社の、アスカソにも興味を持ち連絡させていただいたところです。

 お忙しい中申し訳ありませんが、ご回答お待ちしております。

A


  お問合せありがとうございます。
  今日も一段と寒くなっておりますね(*^_^*)

 

  さて、エスプレッソの世界へようこそ。

 

  ●全自動マシンは
   エスプレッソよりも
   泡立ちコーヒーを毎日、自動ポットみたいな感覚で
   抽出して、そこそこの味で飲めれば満足な方が
   使用されますね。
   ミルクもエクセルシスなどのように、ワンタッチで
   簡単操作でお手入れも楽楽、そんな方向けですね。

   現代風:デジタル:便利:快適・・・こんな感じですね!

 

  ●ハンドル式セミオートは
   3万以下の純粋な家庭用は、おもちゃ感覚ですね。
   まね事みたいな感じでエスプレッソが抽出できればOK
   PODを使用して、汚れが少なく手間、お手入れもラクラク

 

   10万円以上のハンドル式は
   業務用に近い家庭用
     ・純粋な家庭用がアスカソ
     ・家庭用に近い業務用がシモネリオスカー

 

   ホンモノ・本格的なエスプレッソやカプチーノを作るには
    ・9気圧、90℃、強力なスチームが出ればマシン的には

     充分な状態です。

    ・もうひとつ重要な事は豆、
     豆の鮮度、酸化度合が重要でして、挽いた状態では
     すぐに酸化していまいます(ポテトチップスみたいな)
     可能な限りグラインダーを購入して
     その都度、挽く事をおすすめします。
     安いデロンギのグラインダーでも家庭で使用するなかOK。

 

     では、

     マシンの家庭用アスカソ、業務用シモネリオスカーの違いは
     ボイラーの大きさの違いです。
   公表では、
     ・アスカソ 500cc
     ・シモネリオスカー 2,000cc

      ボイラーの中で90℃のお湯と、スチームが出来ますので
      その容量の大きさで、連続運転がどれだけ可能か
      判断が出来ますね。

     家庭で、毎朝2杯ぐらいのカプチーノをかみさんと
     飲んでいますが
     2杯分を抽出したり、スチームする分にはアスカソでも
     充分できますね。

     

     スチームの勢いがオスカーに比べて 6~7割程度の弱いですが
     全自動よりも、2~3割を強力だと思います。

     1つ穴でスチーミングをすれば、木目の細かいしっとりした
     ラテ用のミルクフォームも作れますね。

     

     オスカーのような2,000ccボイラーは強力なスチームですので
     早くスチームが出来て、水っぽさが少なくなる分より
     甘味のあるミルクフォームが出来ますが、欲張ればキリがないです。

 

     本格業務用ハンドル型セミオートマシンは、
     ボイラーが5,000ccや10リットルありますので
     安定した90℃のお湯が連続して可能、スチームも5分、10分連続しても
     大丈夫という事になります。

 

     ボイラーの大きさの違いで1杯、2杯であれば性能に差が
     あまり感じられないですが、数杯を連続すると大きな差が生じます。

    

 

     1杯、2杯の抽出であれば
     アスカソで充分対応は可能です。

     もう少し業務レベルに近いマシンを希望されるなら15万円で
     シモネリオスカーですね。

 

     オスカーは 

     ハンドルの口径も58mmで 業務用サイズですし
     スチーム威力も業務用として遜色ないレベルですね。

   
     全自動エスプレッソマシンは機械が完成されたようなもので
     精密電子機器みたいなものです。
     どうしても故障がついてきます
    (年に1回はあっても不思議ではないと思える余裕が必要です)

 

 

     ハンドル式は機械は単純な構造で、ボイラーの大きさで
     手順・段取りが使う方によって変わる。
     使い手が、そのマシンの特性、特徴をつかうんで使いこなすような
     イメージで愛着を持って使っていく事が大切ですね。

 

     全自動エスプレッソマシン=電動付き3輪車(誰でも運転可能)

     ハンドル式=自転車(乗る為に訓練が必要、乗り出せば楽しい)


     愛着が湧くのはハンドル式ですよ。
     しかも、10万、15万クラスが愛着が湧きますよね。
     使っていく事で、理解していく事が毎日ある楽しさですね。

 

     アスカソやシモネリオスカーは
     使っていて飽きないですね。
     変化や気づきがありますから(o^ー^o)

 

      是非、ハンドル式エスプレッソの世界へ

 

Q

  [B級品エクセルシスブラックSUP038Z (新品交換) ]
  エクセルシスブラックSUP038Z はSUP038Silverと色が違うだけですか?

  素材が異なるのでしょうか?


  Silverのステンレス素材なのでしょうか?
 

  ミルクが熱く出ているように動画でうかがえますが
  口にするとぬるいような事はあるのでしょうか?
 

  エスプレッソ自体90℃とか92℃が良いらしいですが、
  ミルク的なものが冷たいとだいなしになってしまいます。

  この熱さが一番気にするとこです。
  お手数ですが教えてください。


A

 

  お問合せありがとうございます。

 早速 
  ●SUP038Z はSUP038Silverと色が違うだけですか?

   外装素材がステンレスがシルバーです。 

 

  ●口にするとぬるいような事はあるのでしょうか?

    日本人の感覚では少しぬるめですね。
   室温、ミルク温、マシン自体の温度(稼働状況)により
   温度差が出ます。

 

    ミルクは50度ぐらいだと思っていいですね。
   欧州仕様ですので、その程度のミルク温度に70〜80℃ぐらいの
   コーヒーが注がれて、60℃ぐらいになります。

   ミルクフォームは欧州では60℃ぐらいが一番美味しい温度と言われ
   それ以上にしません。
   ですので、そこから熱がピッチャーや容器に奪われて
   50度ぐらいまで下がります。

 

   それにエスプレッソなどが加わって温度が上がりますが
   それでも、日本人にはぬるい温度です。

 

   アメリカ(シアトル系)は70℃ぐらいまでミルク温度を上げます。
   それでは、風味が飛びますのでフレーバーシロップを加えて
   バランスを調整します。

  

   ミルク風味を大切にする欧州仕様ですので、熱いミルクを望まれる場合は
   スチームノズルを利用するか、抽出後にレンジでチンをして熱を加えるしか
   ないですね。

 

 

  ●エスプレッソ自体90℃とか92℃が良いらしいですが・・・

 

   コーヒーの粉に9気圧の圧力で90〜92℃のお湯があたります。
   これが、エスプレッソの基本です。
   しかし、ここからマシンやハンドル、空気、デミタスカップに
   熱を奪われます。
   ですので、65〜70℃ぐらいで提供される事になります。

 

  イタリアのBARでは、バンコ(マシンのすぐ前)が
  エスプレッソの特等席でして、抽出後、すぐに飲める場所で
  たっぷりの砂糖を入れて、一口、二口で飲み干し、残った砂糖を
  楽しみますね。

   25cc〜30ccで小さいデミタスカップですので、直ぐに温度が
  下がりますね。
   実際に飲む時、90℃では、大ヤケドですね
   65〜70℃提供で充分だと思います。

  カプチーノ・カフェラテの温度は
  世界バリスタ選手権 準優勝のカフェロッソさんでは
  55℃ぐらいとおもいますね。(ぬるって 思わず言いましたね)

  
  熱いミルクメニューは、スチームで手造りする方がよいと思いますね。
  サエコでもデロンギでもマシンで自動抽出マシンは欧州仕様ですので、
  ぬるめですね。

 

   ご検討よろしくお願いします。

 

Q

  お名前:あああ
  ▼お問合せ商品
  [B級品エクセルシスシルバーSUP038 (デモ機)]

   ( 商品コード:b-xelsissilver-demo )

 

  コーヒーメーカーのアウトレット品と言う事ですが、デモ機使用 と

  新品交換品、B級品 とはそれぞれどういった意味なのでしょうか?

 

 

  後、エクセルシスについての質問です。
  こちらで、アツトレット商品を購入した際に、不具合なくちゃんと使用して機器の寿命は

  どれくらいでしょうか?

 

  また、エクセルシスのコーヒーの最高温度はどの程度ですか? 

  デロンギとの比較でミルクの温度が若干低めと言うのがありましたがそれぞれ

  どの程度の温度くらいだと思えば良いか教えて頂けると幸いです。


A

 

  あああさま   
  (*^_^*) 

  お問合せありがとうございます。

 

  ●デモ機使用 と 新品交換品、B級品 とはそれぞれどういった意味なのでしょうか?

  B級品(アウトレット品)とは、下記の条件(1又は複数項目)に当てはまります
  @ 出荷前点検での不具合があり、再生されたエスプレッソマシーン
  A 出荷直後での不具合、又は傷、汚れの理由で返品されて、再生されたマシーン
  B 終売品、型落ち品の新品エスプレッソマシーン。
  C クーリングオフ制度に基づき返品を受けた未使用マシン

   

    〇点検時での修理品
     〇化粧箱の一部破損又は汚れ
     〇マシンの小さな傷
     〇新品交換返却品(この場合は使用済み)
     〇デモ機(終売品、この場合エクセルシスブラック:使用済みで、
         化粧箱はぼろぼろのため、段ボールに入れ替え)

     

  全てのアウトレット品はフィリップスサエコブランド
    日本総代理店 フジ産業株式会社の6ヶ月保証対象になっております。
    保証開始はエスプレッソマシーン納品時点から6ヶ月になります。

  (新品は1年保証です)
    万一、何かの不具合が保証期間内で起こりました際メーカーが責任を持って

  無償修理で対応します。

    

  デモ機使用とは、日本総代理店 フジ産業株式会社がデモマシンとして使用したマシンを
  意味します。
  販売店や、お客様が使用した中古ではありません。

 

  

 ●アツトレット商品を購入した際に、不具合なくちゃんと使用して機器の寿命は

  どれくらいでしょうか?

  

   アウトレットでも新品でも、不具合がなければ5〜7年は使用できるとは思いますが
   寿命は
   ・マシン固体の差(運不運も含め)
   ・使用頻度(1日10〜30杯抽出で、4〜5年の耐久性があるようには
    製造されているとは聞きますが)
   ・メンテナンスの状況
     徐石灰、グリースアップ、タブレット洗浄など機器の調子に左右するメンテナンスは
    きっちりされていないと寿命は短くなりますね。
   ・動作環境
     移動販売車でゴトゴト振動、野外などの温度差、風呂場、熱い厨房、蒸れた室内
    ほこりの多い部屋、電圧電流変動、高周波なども影響されますね。
    特に、振動や温度差、湿気は精密機械の敵ですね。
   ・使用される方の愛
     大切に使う気持ちの持ちよう

    人間と同じで、寿命を明確には言えません。
    薬、手術、リハビリをすれば、長生きもしますしね(*^_^*) 


  ●エクセルシスのコーヒーの最高温度はどの程度ですか? 
    コーヒーの温度は
    Saecoもデロンギも 抽出口では80℃ぐらいはありますね。
    90℃前後のお湯がコーヒー粉にあたり圧が加わり抽出して
    機器抽出経路で熱を奪われ、出てきます。
    カップが、冷めていれば80℃からまた下がります。
    エスプレッソなどの30cc程度の飲み物は器が冷えていたら
    60℃以下になりますね。

 

    コーヒーの最高温度は、マシンの1杯目と2杯目では数度の違いがでますし
    寒い冬と熱い夏でも、数度の違いが出てきます。

 

    ミルクカラフェから出てくるミルクは
    Saecoがデロンギと比べて、数度(3〜5℃ぐらい)の違いますね。
    どちらも、欧州仕様ですので、低いです。

 

    ミルク単体では、低い場合45℃とか高くても55℃ぐらいですね。
    これは、ミルクの風味が一番美味しい温度にしている為です。

    エスプレッソなどの65℃、70℃を超えるコーヒーを加えて
    カプチーノやラテは、60℃〜65℃ぐらいになります。

 

    これも、ミルクの温度、室温、何杯目かによって数度変わってきます。

   サエコでも、デロンギでも 日本人の舌の感覚からすれば、多少ぬるいと思います。
   ミルクの美味しい温度帯を守る為です
   (熱いミルクを望む方は、

    スチームで自分で温めるか! 出来上がったミルクをチンしますね)

 

   ご検討よろしくお願いします。


Q


  お菓子屋の一部でセルフのコーヒーの有料部分を作り、簡単なイスや机を
  設置したいというプランがあるが、どんなメーカーがあって、どんな優劣が
  あるのか? 

 

  キーコーヒーとか多くの会社の物を選択する中から、決めたい
  と思っている。 今は、セブンもやっているが、そのセブンでもセルフの
  コーヒー器械を導入しているので、あらゆるメーカーの物の中から選択したい。

   現在:新聞販売業。セブンイレブン。来年起業という事でお菓子屋。


A

 

  お問合せありがとうございます。

 内容からしますと、セルフ対応機種になりますね。

 ほとんどの機種はセルフ型ではありません。
 スタッフが操作するようになっております。

 

 ●40〜60万ぐらいの1日50杯、100杯までで
  水道に直結しないでタンクに水を入れるタイプが弊社の
  範囲になります。

 

 ●100万円以上の1日100杯、200杯の200V水道直結型
  マシンは大手豆屋さん、機器販売会社の範囲ですね。
  豆屋 キーコーヒーやUCC
  機器販売 FMIなど

 

 

  弊社で扱うマシンは
  ドトールコーヒーの子会社のマグナが全国保守サービスを
  していますスイスのユラ製インプレッサ Xs-90 ワンタッチ
  この機種になります。

 

  まだ、HPが整備中でして
  他社サイトをご参考にお願いします。
  http://www.paocoffee.co.jp/jura_impressaxs90ot.html

  この価格以下で、マグナスタッフが出張して取扱い説明を
  させて頂きます。


  価格、機能、用途、保守など考慮する点が沢山あると思います。
 お問合せの内容からして
  一番、安く保守が安定したマシンは
 マグナ・インプレッサ Xs-90 ワンタッチになると思いますね。
 (1日50杯、100杯までの範囲としてですが)

 

  ご検討よろしくお願いします。

  カフェコーナーご繁盛を。

 

Q

 こんにちは
 エクセルシスシルバーを購入検討中です。

 

 1.購入する場合納品までどれくらいかかりますか?
 2.支払い方法はどのような選択肢がありますか?
 3.保証期間はありますか?

 

  当方、熊本県です。

 

 また、確認なのですが、
 4.エスプレッソのみではなく、普通のコーヒーもいれることできますか?
 5.豆のかすは何杯分ためることができますか?
 6.豆自体は何杯分入れることができますか?
 7.洗浄機能の洗浄だけで通常他の手入れはいらないのでしょうか?

        

  よろしくおねがいします。

A

 

 ありがとうございます。

 

 早速ですが
 1.購入する場合納品までどれくらいかかりますか?

 

   今、弊社在庫が3台ありますので
   その3台の内なら、ご注文翌日発送、翌々日着。
   25日のご注文でしたら、26日発送の27日AMにはお届けに。
   (関西以西は)

 

 

 2.支払い方法はどのような選択肢がありますか?

 

   ・お振込み・代金引換
   ・クレジット支払い


 3.保証期間はありますか?

 

  ・メーカー保障1年間がございます。
  (保証期間内の万一の不具合時には代用マシンのサービスがあります
   ごく稀ですが、代用機が無い時もあります。
   また、1年後は有償:4,500円前後で代用機のサービスが可能です

 

 

 4.エスプレッソのみではなく、普通のコーヒーもいれることできますか?

 

   普通=ドリップコーヒーの事ですね?

 

   エスプレッソマシンは圧力式ですので、ドリップコーヒーは出ませんが
   ホテルのロビーなどで提供されていました
   クレマが表面に浮かぶ泡立ちコーヒー(120、130cc)は可能です。

   

   ドリップコーヒーと誤解の無いように
   泡立ちレギュラーコーヒーとして提供されるお店が多いですね。
     ドリップ=年配者向け
     泡立ち=若者向け  これが定説ですね。

 

 

 5.豆のかすは何杯分ためることができますか?

   エクセルシスは16杯分ですね。

   センサーで感知している方式ではありません。
   抽出回数で、16杯になりますとメッセージが表示されます。   
   (電源OFFでのカス捨てでは、リセットされませんので
    その点はご注意を)

 


 6.豆自体は何杯分入れることができますか?

   豆は350gまで一度に豆容器(ホッパー)へ入れて置くことが可能です。
   1杯は設定や豆種類焙煎で変わりますが
   概ね、7〜9gですので。
   40〜50杯分にはなりますね。 

 

 

 7.洗浄機能の洗浄だけで通常他の手入れはいらないのでしょうか?

   洗浄機能は、最低限の機能で洗浄です(お湯を通過させるだけ)

  

    ●毎日の作業(1日20杯ぐらいとして)
     ・ブルーイングユニットの水洗い
     ・庫内の清掃
     ・ミルクカラフェの洗浄(2日ぐらいは冷蔵庫保管する方もいますね)

 

    ●週に1回(2週に1回)ぐらいとして
     ・クリーニングタブレット洗浄
     (庫内、ユニット内のコーヒー油分が落とします:異臭除去)

  

    ●半年から1年に1回ぐらいとして   
     ・徐石灰作業
      マシンの設定によりますが、メッセージが出ます。
      ボイラーや管の亀裂を守る為

     ・グリースアップ
      ブルーイングユニットの動きを悪くせず、モーターの負荷を
      軽減して故障のリスクを抑える為

 

     エクセルシスの場合は
     メッセージが出るメンテナンス作業が多いですので
     解りやすいですね。

 

     以前、お問合せを頂きましたね(*^_^*)
     カフェ開業が順調でなによりです。

 

     熊本では
     エクセルシスはここで活躍していますね。
     ・パンオルヴァン様
     http://tabelog.com/kumamoto/A4301/A430101/43008809/

     ・石窯ピッツアの店つるばら
     http://yamagano.kakurezato.com/

   

     他に自宅使用も含めて弊社から5台は
     熊本で活躍しております。

 

     では、
     ご注文、お待ちしております。

                    店長 つぼい 


Q

 はじめまして。

 

 私は、近々バールをオープンするのですが、エスプレッソマシンを検討しています。

 ネットなどで色々探しているなかで、

 ブレビルのエスプレッソマシンが良さそうに思いました。

 

 ブレビルのエスプレッソマシンの長所、短所など教えていただけますか?

 店は、10席程で1日に10杯も出れば良いかなと思ってたいます。

 出来れば、セミオートマで練習して本格的なものに近いものを提供できればと思っています。

 宜しくお願い致します。

 

A

 お問合せありがとうございます。

 

 家庭用としては申し分無しなのですが、連続抽出やミルクフォームには
 業務としては難有りでしょうね。

 

 1日10杯、連続しない、ミルクフォームも単発でなら
 価格面を考慮して、費用対効果はあると思いますね。

 

 今後、メニューの幅を広げない、お遊び感覚であれば充分だと思います。
(ボイラーが200ccぐらいですので業務には無理あり、

 一般に2~5リットル以上が業務向け)

 

 

 バールメニューで
 エスプレッソ系ドリンク、カプチーノ・カフェラテ
 アフォガードなどのドリンク以外、  幅広く活用しようと思えば、
 1クラス上の20万ぐらいする業務用セミオートをオススメします。
   オススメはシモネリオスカーSimonelli Oscar
(ボイラーが2リットルあり、連続運転可能、 スチームが200Vマシン級)
 グラインダーを含めて20万ぐらいにはなりますね。

 

 

 最近では、エスプレッソマシンは予算を低めに抑えて
 エスプーマを導入されるカフェ、バールの方も増えてきましたね。
 ここの方も
 最近 エスプーマを導入されました。
 http://bar-barns.jp/

 オリジナルメニューや、創作メニュー、創作ドリンクには
 エスプーマをおすすめします。
 http://www.espresso-saeco.com/leftnavi/espuma.html
 (今のスイーツ系の流行は、

   エスプーマでパンケーキ http://www.eggsnthingsjapan.com/)

 

 

Q

 つぼい 様

 こんにちは〜♪
 いつもありがとうございます。
 何度もおじゃまします・・・あしからず。

 

 現在の私はマシーンを研究しすぎて、迷いすぎです。

 つぼい様オススメのSaceoエクセルシスは、投稿の動画やレビュー等みると、
 とても良い感じですね。
 素人目で似て見える、デロンギの<ECAM23450S>や<ESAM1500DK>などもありますが、

 それぞれお値段も異なり、その辺りは何が違いなのでしょうか?

 

 それから、SaceoタレアリングプラスSUP032NRは、
 ナゼ?

 あれほどまでにお値段がお安くなっているのでしょうか?

 

 実は先々週に義父が亡くなり、
 夫はその後の雑務で今週末は実家に行っており留守です。

 そのすきに??? 妻はふと新しいマシーンが欲しくなり、
 良い先生にも出会い!・・・つぼい様ですよ〜!(^^)!
 研究することに〜(笑)

 

 それで夫は今晩帰宅するのですが、もう帰宅後一気にプレゼンして?!
 希望のマシーンを手に入れたい私なのです。

 そんな訳で何度も質問、ごめんなさい。

 

 しかし見れば見るほどに、お高い機種の方が美味しそうに見えますが、
 それは私がおバカさんなのでしょうか〜(^_^;)

A

 ○○さま  

  bonjolno(ボンジョルノ) 〜(^∀^)ノ

 さて、
 ECAM23450Sは比較的新しい機種ですので良いとは思いますよ。
 デロンギの特徴は ややグラインダーが煩い点、泡の木目がやや粗い点はあります。
 長所は、ややスピードが速い、ややフォームの温度が高い点ですね

 

 ESAM1500DKはかなり昔の機種ですね。
 昔は15万円程度していましたね。
 悪くはないですが、型が古いって感じですね。

 

  SaceoタレアリングプラスSUP032NRも  
  SaceoタレアジロプラスSUP032OR
 メーカーのデロンギ対策機種ですね、ボーナス前に
 安売りをする傾向がありますね。

 

 それと、
 http://www.usa.philips.com/c/saeco-espresso/182463/dec/en/#

 世界のSaecoをみてみますと
 タレアは無くなりそうに思いますね。
 それで、処分マシンではないと思います。

 

 安いから、それで充分と思うか
 エクセルシスみたいに継続機種だから、高くても
 安心と思うか?  (^_^)v

 これは、捉え方ですから、
 価格優先、機能性能優先・・・などなど。

 

 高い機種ほど
 買いたくなるのは、バカだからではないのですよ(^∀^)ノ

 心と経済が豊かだから、選べるだけの事でして
 豊かでなければ、タレアを迷わず選びますね。
 価値=価格に近いですね 今のマシンは。

 

 では、また。

                店長 つぼい
 

 \(⌒∇⌒)/\(⌒∇⌒)/

  今朝は、少し健康を考えて
  かみさんと、
  朝ははちみつ入りソイラテにしてみました。

  少し苦めにエスプレッソを淹れたので、
  ソイの臭さが消えて
  はちみつの甘味といいバランスで
  かみさんが喜んでくれましたね
              \(^o^)/(^o^)/

Q

 お問合せありがとうございます。
 (*^_^*)

 

 早速ですが

 

 >>ミルクアイランドがとても魅力的です。
   タレアシリーズでないと装着できないのでしょうか?

  

   ○そうなんです、タレアにしかミルクアイランドは装着できません。

 >>カフェラテ・カプチーノなどのメニューを一日に20〜30杯提供予定です。

 

   ○概ね 卓上式100vエスプレッソマシンは 1日10〜30杯ですね。

 

   その中で
   業務用としては主に  杯数は目安でして、それ以上も壊れるなどは
   ございません。 あくまでも目安です。
    ・ロイヤルプロフェッショナル 1日20〜30杯
    ・エクセルシスシルバー    1日20〜30杯
    ・タレアリングプラス800mlアイランド  1日10〜20杯
    ・タレアジロプラス800mlアイランド  1日10〜20杯

 

 

 >>スチーム使用経験がありますので、ラテなどはオート抽出したものではなくスチームで
   泡立てたミルクを乗せて提供したいと思っております。
   アイランドを使う必要がないですね
    ・ロイヤルプロフェッショナル 1日20〜30杯
    ・エクセルシスシルバー    1日20〜30杯     

 

   カフェで一日に20〜30杯提供予定であれば 
   この2機種が最適でしょうね。

 

 

 >>エスプレッソ抽出は豆から自動でできるものがよいです。
   ○これは、すべて該当します。

   ご自分で、フォームドミルクを作られるなら
   特に装置は不要ですね。
  ・ロイヤルプロフェッショナルには カプチナトーレが付いていますが
   使用しないで構いません。
  ・エクセルシスシルバーには、カラフェがありまして、それで自動で
   出来ますが、ノズルでフォーミングができます。

 

   カフェと言う点からしましても
    ・ロイヤルプロフェッショナル 
    ・エクセルシスシルバー       
   この2機種が最適だとは思います。


    新装開店 おめでとうございます。
    (* ̄▽ ̄*)~゚

                     店長 つぼい

A

 はじめまして、○○と申します。

 

 今年の12月半ばに、今までの喫茶店を新築しなおして新装開店予定です。
 開店にあたり、これまでとは違ったメニューも提供したいと思い、

 エスプレッソマシンの購入を検討しております。

 

 お恥ずかしながら、エスプレッソマシンはチェーン店での仕事で少し携わった

 くらいでほとんど無知な状況です。

 

  HPを拝見したところ、小規模店舗向けの全自動エスプレッソマシンが

  現在在庫なしとなっているのですが、購入は不可能ですか?

 

  ほかの業者さんも考えたのですが、こちらのHPは大変親切丁寧

  ご説明されていてわかりやすかったので。。。

  HPを拝見しているのですが、ミルクアイランドがとても魅力的です。

  タレアシリーズでないと装着できないのでしょうか?

  販売終了の機種もあるようでよくわかりません。。。

 

  また、エクセルシスも検討中です。

  予算が20万くらいなので、何点かご提案いただけると幸いです。

 

  カフェラテ・カプチーノなどのメニューを一日に20〜30杯提供予定です。
  スチーム使用経験がありますので、ラテなどはオート抽出したものではなく

  スチームで泡立てたミルクを乗せて提供したいと思っております。
  エスプレッソ抽出は豆から自動でできるものがよいです。

Q

 ツイテル店長つぼい 様

 こんばんは。

 昨晩は早々のご連絡ありがとうございました。
 楽しく拝読させていただきました。

 ご紹介いただき、早速デロンギ社のHPをのぞいてみました。

 

 そうしましたところ、NEW!ということで、
 ECAM2110Bというものも有りましたが・・・こちらは如何なものでしょうか?

 またお値段が違うので、本格的とはかけ離れるとは思うのですが、

 BCO410J・・・普通のコーヒードリップも出来るところが気になります。

 

 それから、お豆でLAVAZZAは如何思われますか?

 店長つぼい様がお優しい方と見込んで !!!
 再度、ご質問にお答えいただけたらと質問攻めです〜(笑)

 お時間があったら、お答え宜しくお願いいたします。

            ボーノな(*^^)v お味を望んでいる
                           ○○より

A

 ボーノな(*^^)v 
 お味を望んでいる○○さま

 

 どうも、返信ありがとうございます。
 (o^ー^o)

 

 ECAM2110Bは マグニフィカSプラスの
 ワンランク下の機種ですね。

  ・抽出量が2つパターンに限定されています
   (ECAM23210Bは5パターンあり)
  ・粉量がフリーで調整できる点は良くなっていますね。
   しかし、固定式でないので故障リスクはUPするかも?
   http://www.delonghi.co.jp/manual/agreement/id/10

 

   BCO410Jは、弊社でも仕入れして販売はできるのですが
   どうしても、あるレベル以上の質にこだわって
   販売したい点がございまして、問い合わせはあるのですが
   敢えて、扱っておりません。
   申し訳ございません。

    このBCO410では、なんちゃってエスプレッソって
    感じですので、イタリアを旅した時の思い出とは
    少し・・・・・・

 

   LAVAZZAはいいですね(o^ー^o)

  イタリアの3大ブランド(エスプレッソ豆) は、
    Segafredo ZANETTI セガフレード・ザネッティ
    illy イリー
    LAVAZZA  ラバッツア
    中部、北部イタリア地方が中心ですね。
    中部イタリア ボローニャ: セガ
    北部イタリア イリー

  

    あと、南部 ナポリ地方は
    Kimbo キンボ 
    クセが強い味が特徴

  
    予算を考えますとBCO410Jで 我慢でしょうね
    本物志向の少し贅沢な気分で ECAM23210B
    (マグニフィカSプラス)

  
                ではまた 店長 つぼい

Q

 はじめまして。

 

  相談させてください。

  この度、イタリアンレストランを開く予定なのですが、どの程度のエスプレッソマシン

  を使うべきなのか迷っております。

 

   10坪と決して大きくない店内なので、設置して使いやすいタイプが理想です。

   因みに客席数は16から18です。ディナーは全員に提供するわけではないですが

   ランチは食後の飲み物として出したいと思っています。

 

 今まで勤めてきたお店ではチンバリであったり、家庭用のデロンギのタイプだったり

  様々です。

 

 このページでも紹介されている全自動とは一つでミルの働きもこなすものでしょうか?

  チンバリとかはセミオートで別にミルが必要ですよね?

 

 全自動、セミオートそれぞれ長所、短所があるかとは思いますが、

 これくらいの規模のお店だとどちらが適しているのでしょうか?

 

 あと、価格によっても大きく違ってきますよね?

 

 某他社のHPを見ると、ランチリオとかMAGISTER?の小さい機種でもミルと合わせて

  購入すると40万円くらいになってしまってちょっと悩んでおります。

 

  アスカソって比較的価格も手ごろなのですが、どうなのでしょうか?

  カップを温めるところがないのがちょっと気になったのですが。。。

 

 長くなりましたが、宜しくお願いします。

A

 開業おめでとうございます。

 不景気な世の中ですが、個々が活性化すれば 景気もあがりますね(*^_^*)

 ご繁盛願っております。

 

 さて
 ランチは食後の飲み物として出したい・・
 いいですね(*^_^*)

  >>このページでも紹介されている全自動とは一つでミルの働きもこなす
    全自動はミル(グラインダー)が付いていますので
    ボタンを押せば、その都度挽いて 抽出されます

 

 >>チンバリとかはセミオートで別にミルが必要
   そうです  その通り。

 

 >>これくらいの規模のお店だとどちらが適しているのでしょうか?
   規模は関係ないですね。 全自動かセミオートの判断基準としては!
   ・全自動も5~6万ぐらいの機種から、数百万までございます。
   ・セミオートは家庭用の1万程度から、数百万までございます。

 

 ●判断の基準としては
   ・エスプレッソの味へのこだわりをどこまで持つか?
     不安点でも40点〜100点の味を求めるか⇒セミオート
     安定して60〜70点の味を求めるか⇒全自動

  

  ・ミルクメニュー(ミルクフォームの出来栄え)
    自分で自在にできるよう努力する⇒どのマシンでもOK
    そこそこに手を添えておけばいい程度⇒安い全自動
    ふんわり木目細かいフォームを提供したい⇒サエコタレアシリーズ
    ワンタッチで木目の細かいフォームを作る⇒エクセルシス

 

  ■自分でミルクフォームを作って、美味しいエスプレッソを提供したい場合
   しかも、1日10杯から20杯程度(泡立ちコーヒー、ミルクメニュー含め)
   >>この場合のオススメは、家庭用でありながら業務用に近いレベルとして
     アスカソドリームアップとi-グラインダー セットで15万強程度 
     または
     業務用に卓上式 シモネリオスカーとグラインダー
     セットで20万強程度

 

  ■自分でミルクフォームを作って、そこそこのエスプレッソを提供したい場合
   しかも、1日10杯から20杯程度(泡立ちコーヒー、ミルクメニュー含め)
   >>この場合は、サエコヴィラ デロンギマギニフィカSプラス 
    6〜9万円強

 

  ■装置でふんわりミルクフォームを作って、そこそこのエスプレッソを提供したい場合
   しかも、1日10杯から20杯程度(泡立ちコーヒー、ミルクメニュー含め)
   >>この場合は、サエコタレアジロプラス、タレアリングプラス 
     8〜10万円強    

 

  ■ワンタッチで操作できめ細かいミルクフォームを作って、
   そこそこのエスプレッソを提供したい場合。 お手入れ簡単
   しかも、1日10杯から20杯程度(泡立ちコーヒー、ミルクメニュー含め)
   >>この場合は、サエコエクセルシス 19万強

 

  ●セミオートの長所
      ・美味しいエスプレッソが出せる
      ・故障しにくい
  ▲セミオートの短所
      ・手間がかかる
      ・グラインダーが必要

 

  ●全自動の長所
      ・そこそこの味のエスプレッソや泡立ちコーヒーが出せる
      ・グラインダーが付いている
  ▲全自動の短所
      ・壊れやすい、多い方で年に1回ぐらい
      ・グラインダーがあるが挽きが超極細にできず、味に奥行がない。

 

 

 >>カップを温めるところがないのがちょっと気に
    アスカソはカップウォーマーがあります
    上部はすべて熱いです。

 

   席数、イタリアンであり
   より旨いエスプレッソ、手造り感のあるカプチーノなどの
   ミルクメニューがお客様へ、料理の締めとしては必要でしょう
   (*^_^*)

 

  少しの手間なら
    セミオート(アスカソかシモネリ)をオススメします。
    グラインダ−とセットで15〜20万

  

   安くはないですが、全自動を10万円で購入しても
   耐久性は5年前後(早ければ3年、長くても5〜6年)
   消耗品が年に数千円と故障修理代は1回は考慮しておくべきです

   セミオートは耐久が10年以上はあります。
   消耗品はガスケット(ゴム)ぐらいで10年で数千円
   洗浄剤や徐石灰剤も10年で数千円程度

 

   余談ですが、
   エスプーマと言う装置もオモシロイですよ
   http://www.espresso-saeco.com/leftnavi/espuma.html

   ご検討されてみては如何でしょうか(*^_^*)

 

Q

 カウンター含め8〜10席ほどのカフェをオープンしたいと思っています。

 

  手作りのケーキをメインにしたお店にしたいので、コーヒーもおいしいものを

 出したいのですが 開業資金にも限りがあって、何百万もするようなチンバリ

 さすがに無理なので、手軽な値段でおいしいコーヒーを提供できるマシンはないかなーと

 探していたところ、らぶカプチーノさんにたどり着きました。

 

  そしてアソカソのマシンを見つけて一目惚れ!!しました。

 

  カウンターをメインにしたいと思っているので、見た目にもこだわりたいのです。

  口コミをみたところ、アソカソは見た目だけではなく、コーヒーマシンとしての評判も

 いいですね。

 

 ただ、あくまでも家庭用としての評判なので、業務用として使うにはどうなのかを

 知りたくてメールさせていただきました。

 

  まだ物件を探している段階で、なにも決まってない状態なんですが、細かいことは

 時間のある今のうちに決めておきたいなと。

 

  ちなみに豆はポッドではなく、その都度ブラインダーで引いて入れたいと思っています。

  これもやっぱりアソカソのブラインダーで、と考えているのですが、こちらも業務用

 として使えるかどうか、教えてください。

 

  よろしくお願いします。

A

  お問合せありがとうございます。
  凄い(*^_^*)
  引き寄せ法則と言いますか! 鏡の法則といいますか!
  何かを感じますね。(* ̄▽ ̄*)~゚
 

 偶然なのか? 必然なのか?

 昨日、アスカソi-grinederが納品され 今日、 試運転してドリームUPと相性を確かめて

 いた処なんです。

 

 まだ、HPにはアップしていませんが 実際の使い心地や実際の感想などを
 ブログにアップしている最中です。
  http://blog.goo.ne.jp/futago0504

 

 
 カフェをオープン おめでとうございます。
 楽しみですね。(=^▽^=) 

 

 今日、明日、明後日と3日間ぐらいで
 ブログ、HPとも記載掲載をしていく予定です。
 ユーチューブにも。
 画像とコメントを観られて判断してくださいませ。
 ブログ
  http://blog.goo.ne.jp/futago0504

 

 今の感想を少し長くなりますが、ご紹介させて頂きます。

 

 連続して、エスプレッソや泡立ちコーヒーを出すには
 全く支障はないですね。

 ミルクフォームを、3~4回連続(6~8杯相当)して提供するには支障がありそうですね。

 1~2杯ミルクメニューを出して、3~5分経過すれば、全く問題ないように思います。

 

 本格的なBrita(バリスタ)を目指す方には 物足りない面はあるでしょうが、

 小さいカフェには 向いているとは思いますね。

 

 全自動と違って、単純さで有るがゆえに
 使い方で差異は出てきますので
 同じような作業(粉量、抽出時の温度、抽出量など)を
 繰り返す事で、一定の美味しさは提供できると思います。

 

 ミルクフォームは自分の腕の見せ所ですから 始めから、綺麗に木目細かく出来ないで
 当たりまえですから、 自分の腕前の成長をお客様と楽しむぐらいの
 ゆとりがこのマシンと上手に付き合う為に 必要かとは思います。

 

 私もまだまだ
 このマシンのベストコンディションを掴んでいるとは 思ってはいませんが、
 昨日まで、毎朝全自動でかみさんとカプチーノやラテを
 作っていたのを、明日から1ケ月はこのアスカソと  楽しもうと思っています。

 

 まだ、マシンの決定まで お時間がございましたら
 ブログやHPを定期的に観てくださいませ。
 ブログ http://blog.goo.ne.jp/futago0504
(昔のブログもありますが、それは全自動やイタリア旅行や個人的なものです)
 http://pizza.noblog.net/blog/index.html

 

 アスカソは基本的な家庭用扱いですね。
 しかし、業務として使用されても 支障はないですね。
(1日、10~20杯なら 家庭用が安いですからね)

 

 あと、純粋に業務用では
 シモネリ オスカーもございます。
 http://www.barista-workshop.com/SHOP/1002.html

 11月中旬に1台仕入れて、使いこなしてから 販売を開始する予定ではございます。
 上記HPと同じ価格ぐらいにはなりますので

 

 アスカソの5割増しぐらいですね。

 業務用言いましても、アスカソとは、大差はないとは思います。
 11月下旬にはHPやブログで紹介していくつもりです。

 長くなりましたが、 ご検討よろしくお願い致します。

  

Q

 とても参考になりました。

 実は私、クレープとドリンクを販売している移動カフェをやっておりまして・・・
 今持っているエスプレッソマシーンがデバイスタイル社のもので
 エスプレッソを抽出するのに出店先の電源によっては作動しない場合が多々あるのです。

 

 コーヒーは一日数杯しか売れないので、安めのものを探しています。
 デロンギEC152Jで検討してみようかなと思います。

 

  趣味は「ダイエット」、特技「リバウンド」とは、社長さんのことですか?

 おもわず笑ってしまいました(笑)。
 コーヒーのこと、大好きなんですね。
 素晴らしいと思います。

 

  コーヒーについて何か聞きたいことができたら、またおじゃましてもいいですか?
  ご親切にありがとうございました。

A

  お気軽にどうぞ(* ̄▽ ̄*)~゜

 今、趣味のダイエットが順調すぎて
 特技が生かせません。

 特技の欄を変更してしまいそうな状況です。
  (〃⌒∇⌒)ゞえへへっ♪

 

 クレープですか!
 ダイエットの敵ですね。
 美味しいですもんね。

 

 エスプーマをご存知ですか?
 これも、是非検討してくださいませ。

 原宿パンケーキ
     http://www.eggsnthingsjapan.com/

 

  いろんな味を入れたエスプーマホイップを
  お客様は、好きにトッピングするようなサービスを
  している店も出てきそうです。
  http://www.espresso-saeco.com/leftnavi/espuma.html

  流行ると思いますよ(o^ー^o)

  移動カフェ、頑張ってくださいませ。
 (小生も、行商でカレーパンやピザやいろいろ販売していたので
 その辛さや楽しさも多少は解るつもりです)

Q

  現在エスプレッソマシンの購入検討中で悩んでおりまして、

  ご意見いただければと思い連絡させていただきました。

 

  使用環境としては家カフェとして使用しており、ラテアートの練習をしたりしてます。

   現在のマシンはデバイスタイルのTh-W020、グラインダーはポーレックスの

  手挽きの小さいミルです。

 

   ミルで挽くことに時間がかかる、ラテアートをやる際にクレマが薄く、またスチームも

  安定しない・連続スチーミングですぐ弱くなるといったことが悩みです。

 

   全自動に関してなのですが、ネット上では故障を起こしやすく、間違いなくセミオート

  の方がいいという意見が多いように思います。セミオートのグラインド、タンピング、

  抽出といった作法というかそう言ったものが楽しいとも感じています。

 

  ただ、ホームページにも書かれていたのですが、ラテアートスクールBEANSの尼子さん

  のところでデロンギのマグニフィカ+を使用させていただいた感じではとても良いのでは

  ないかと思いました。

 

  貴社の取り扱いのある製品と、そうでないものもあるのですが、候補として

    ・マグニフィカS+

    ・アスカソ ドリーム+グラインダー

    ・ランチリオ シルヴィア+ロッキー

    ・シモネリ オスカー+グラインダー

                  を挙げています。

 

   一つ気になるのですが、ポルタフィルターを外す時、現在のものではハンドルの

  戻し加減で適度に圧抜きを行い、充分に圧が抜けてから外す必要があります。

 

  家庭用上級機、セミコマ機ではどのようになっているのでしょうか?

  連続抽出をストレスなくできるようであればセミオートを考えています。

   ただ、価格のことを考えるとマグニフィカの方も……。

  と優柔不断な状況です。

 

   乱文で申し訳ないのですが判断材料をお教えいただければ幸いです。

   よろしくお願いいたします。

A

 お問合せありがとうございます。

 

  早速
 一つ気になるのですが、ポルタフィルターを外す時、・・・・
  電磁弁や3方向弁と言われる装置の有無が影響しますね。
  下記のハンドル式はすべて付いていますが、業務用の大型マシンのようには
  行かないとは思います。

 

  しかし、2万ぐらいのマシンのようなビチャベチャではないですね。

  アスカソでは、ワイドシャワースクリーンにバージョンUPすれば
  かなり圧が自然に抜けて、ノックボックスにスポっと落とせますね。
  参考動画
    http://www.youtube.com/watch?v=XZ73qDIr75s

 

 ●クレマに関しては
 

 【クレマを左右するポイント!

  1:豆は新鮮なものを使う(国内品であれば、目安として焙煎二週間以内)
   (しかし、エスプレッソとしての味がでるのは3週間前後がベストとの
    意見もあり、味が馴染みだす)

  2:淹れる直前に豆を挽く(極細、微調整必須)

  3:マシンはウォームアップを十分に行う(フォルダやヘッドを湯通しで熱く)
     温度が低いと白くなってしまう。

 これで、クレマは自然と発生しますが、
  クレマがもっと欲しいという人は以下も参考に。

  4:ダブル用のフィルターバスケットを使う(2杯取りがベスト)
  5:ロブスタ種がブレンド

 

   比較(アスカソVSランチリオ
  https://www.youtube.com/watch?v=vGalJn1jwa0&feature=related

  https://www.youtube.com/watch?v=dRCWCb3X2Ts&feature=related

 

 クレマの出来不出来は、 
 マシンよりもグラインダー&豆の鮮度に
 大きく影響されますね。
  https://www.youtube.com/watch?v=I5cdYyrvlWM&feature=related

 

  豆さえ鮮度がよくほどよくロブ種をブレンドされていれば
  全自動マグニフィカSプラスで充分のクレマはでますね。

 

  故障に関しては、当然ですが
  全自動の方がリスクは高いですね。
   ・全自動エスプレッソマシン=50ccバイク
   ・ハンドル式マシン=自転車
 

  こんな感じですね。
 どちらも故障はあります。
  原付はオイル交換やちょこちょこメンテナンスが必要ですね。

 

 <エスプレッソにこだわり、クレマを重視するなら
  ハンドル式でグラインダーも購入する事を進めますね。
  弊社の場合は
   今は、アスカソしか扱っていません。 (シモネリオスカーも今は扱っています)

 

  ●アルミタイプ以外の色んなカラーでしたら
   マシン 108,000円 グラインダー 52,000円
   合計 160,000円  
   SETで割引させて頂いて 150,000円(税込)にて

    <手間を省いたり操作性や使いがってを重視するなら>    

 

  ●マグニフィカSプラスは 通常98,800円ですが
    特別割引 88,800円(税込)

 

   ご検討よろしくお願い致します。

Q

  偶然HPを拝見し、メールさせて頂いております。

 

 東京で長年日本料理店を経営しております。

  昨年より店舗を建替え開始し、来年の春開店予定です。

  その際、小さなカフェを併設したいと考えております。

 

  従業員が誰でも扱えるようなコーヒーマシンを探しております。

  先日イタリアに行き、エスプレッソコーヒーの美味しさに感動しました。

  気軽にエスプレッソが出せるような機械探しておりまして

  SUPO320の動画を拝見しました。

 

  カフェの構想は考え中ですが、イタリアのBARのように気軽に飲めて語り合える場

 になればと思っています。

 

  店舗は10名位のカフェです。 

  この機種が適当なのかも分からないのでアドバイスを頂ければと思います。

 

  アイスコーヒーやアイスラテなどのメニューもこの機械で出来るのでしょうか?

  又、保守に関しての詳細も教えて頂ければありがたいです。

 

  お手数をお掛けいたしますが、宜しくお願いいたします。

 

A

 お問合せありがとうございます。

 

 イタリアのBARのように気軽に飲めて語り合える場・・
 いいですよね。
  昨年、家内と9日間旅しましたが、町はずれの小さいBARでも
  雰囲気があるし、気軽に人が立ち寄り、世間話をちょっとやって
  またすぐさま、どこかない出かけて行って。

  日本の喫茶店みたいな、居酒屋みたいなモノではなく
  地域の人のコミュニティに一部みたいな雰囲気に
  非常に憧れましたね。

 

 エスプレッソを本場に近い味で提供するとなると
 セミオート(業務用、水道直結型)でしょうが
    それに近いものでも、卓上式で10から20万
    しかし、それでは、作業する人で味の差が出来やすくなる。

 

 10席、誰でも同じような味にするには
 卓上式エスプレッソマシンになりますね。

 

  http://www.e-espresso.net/taleagiro_0-1.html
  タレアジロプラス&800mlミルクアイランド
  これが、最適でしょうね。

 

 1ランク上の
 タレアリングもございます。
  http://www.e-espresso.net/talearing_0-2.html
  3つぼメニュー設定が出来ますので、扱い安い点では こちらですね。
  他の機能はほぼジロと同じです。

  どちらも
 ふんわりしたカプチーノが出来るのが最大のウリですね。

 

 

 アイスコーヒーやアイスラテなどのメニューもこの機械で出来るのでしょうか?
 

  アイス関係は
  マシンでは出来ません(それはどこのメーカーでも 卓上式レベルでは)
  アイスは、パック入りを購入される方がほとんどです。

  (挽き立てでも、香りが飛びますので)

  アイスラテは、ミルクフォームの泡のみを、パック入りから注いで牛乳をいれた上に
  載せるような運用をされていますね。

 

  サエコマシンは保証期間以内は、代替マシンのサービスがございます。
  メンテナンスは、ユニットの水洗いが毎日、あとは1〜2週間に1回タブレット洗浄
  半年に1回 徐石灰作業&グリ−スアップですね。

  メーカーサポートセンターは埼玉三郷にございます。

 

  あとは、よりイタリアンテーストにされる場合は
  エスプレッソ豆として イリーやセガフレード(共に弊社扱い有り)を
  使用されると宜しいかと思います。

 

  カフェを開業される場合、数か月前にはマシンを購入されて
  自宅でいろんな豆を試飲したり、カップやポーションを決定したりなど
  早い段階から、取り組まれる方が多いですね。
  自宅で、操作になれておくと楽ですね。

 

  ご検討 よろしくお願い致します。

 

Q

 こんにちは。

    タレアジロプラスとタレアリングプラス違いはなですか?

   クレマの厚みなどの違いがあるのでしょうか?

A

 ありがとうございます。

 

  リングとジロの違いは 操作する方法
  リング=ipodみたいな方式、メニューを3つ設定可能
  ジロ=ダイヤル、その都度ダイヤルを合わせて抽出
  この差と言ってもいいですね。

 

 タレアリングシリーズの最大の特徴は
 ミルクアイランドですね。

 

 これで、作るミルクフォームは どの卓上式のミルクフォームより
 木目が細かくふんわりしています。

 ミルクメニューが大好きならこれですね。 洗う手間はありますが・・
 http://www.e-espresso.net/talearing_0-2._endaka2012.html

 

 ミルクフォームは、二の次でクレマの出来が優先するのであれば

 家庭で使用されるなら
 デロンギ
 マグニフィカSプラスECAM23210B
 私も最近使い始めましたが
 これは、値段の割に優れている点が沢山あります。

 
 この機種はサエコエクセルシスと比べて遜色ないクレマや
 サエコ以上の粉の挽きの細かさ、音の静かさでもエクセルシスと同じ程度。

 

 ミルクフォームはノズルに刺して置くだけでも、
 木目が細かく(表面はスプーンで1〜2杯取り除ければ、

 ミルクアイランドと変わらない程度) になります。

 

 このマグニフィカSプラスECAM23210Bマシンの魅力は、
  ・水の量が外から観て解る。
  ・1.8リットル入る水タンク。
  ・カス受けが簡単に引きだせ、お掃除が簡単。
  ・粉の挽きがセミオート並みまで細かくでき、抽出出来ないぐらいまで細かく挽ける。
  ・クレマの出来具合も、粗さや鮮度次第でサエコと遜色ないレベルまで。
  ・粉量を5段階に設定でき、粉コーヒーも出来る
  ・2杯抽出が一度の出来るので、急ぐ時や来客には便利。
  ・抽出量がプリ設定で

    30ml 40ml 120ml 150mlと設定されており設定の手間がない。
  ・マイコーヒー設定として1つだけ、20〜180mlの間で設定ができる。
  ・エラー表示がランプ点灯点滅ではなく、イメージ表示なので解りやすい。
  ・抽出口の高さ調整が出来るので、14cmのロンググラスまで簡単に
  ・幅広カップも、置き易いように本体側がカーブしている。
  ・ミルクフォーミングがノズルでも木目細かく出来るので、掃除が楽。
  ・スチームとコーヒー抽出のタイムラグがサエコマシンよりも短いので早く出来る。
  ・メーカーサポートセンターがしっかり機能している。

 

 

  ●なんと言っても最大の魅力は
   コンパクトであり軽量だと言う点です。

   女性の方でも水タンクに水が満タンでも容易に持ち上げ移動も出来る。

 

  サエコマシンと比べて劣っている点としては、
  今、気付いている点は
  ・ミルクフォームを作る際のスチームの勢いが良い為、水量が多いのかやや

   水っぽさがサエコミルクアイランドよりも感じる。

 

  ・クレマの厚みがややサエコの方が厚い(サエコはクレマ増強装置付き)
   サエコの場合、強制的に泡立てていますので、豆本来のクレマを充分に出して

   判断するなら
   マグニフィカSプラスECAM23210B
   http://www.home-espresso.jp/a7_delonghi_ecam23210b-saeco.html

   サエコより充実したメーカーサポート
   http://www.delonghi.co.jp/customer_support/categories/coffee

 

 

   宜しければ、このマグニフィカSプラスECAM23210Bを
   同じ価格 サエコ
   円高差益還元キャンペーンと同じで
   88,800円にさせて頂きます。
   http://www.home-espresso.jp/a7_delonghi_ecam23210b.html

  ( サイトリニュアル中でして、不備なページが沢山あります。)

   タレアと併せて ご検討くださいませ。

 

Q

 小さなお店ですが、手作りのお菓子と軽食とドリンクのテイクアウトを主にしたいと

 思っています。まだ、オープンはしていません。

 

 私はそんなにコーヒーに詳しくはないのですが、スタバとかサンマルクカフェさんで

 カフェラテを飲むととても幸せな気分になります。

 家のコーヒーメーカーではその気分はでません。

 同じカフェラテでも安い所で飲むととてもがっかりします。

 

 店をオープンして来店してくださる方は、近所のOL.近所のおばさま、

 専門学校の学生サラリーマン・・ですそんなに毎日多くはでないと思いますが・・・。

 

 近所のおばさまなどは、田舎なので「カフェラテ」などご存じない方も多いので

 この機会にぜひ味わっていただきたいと思っています。

 

 私が主に一人で対応することになるので操作が簡単で美味しくできるのを希望しています。

 毎日サイトを見ては「エクセルシス」のブラックで大丈夫なのでは・・と思っていますが・・。

 

  一応、商店街なのですが、あまり人が通っていません。

  お昼時には人が増えますが・・。

  なので、忙しいのは昼時だけです。

  なにかアドバイス等ありましたらよろしくお願いします。

 

  特にこだわりのある店ではなくお菓子も軽食も「プロの味」を目指すのではなく、

 毎日食べても飽きない「ちょっと料理上手なお母さんの味」を目指しています。

 

A

 お問合せありがとうございます。
 

 「ちょっと料理上手なお母さんの味」のお店、開業予定もおめでとうございます。
 コンセプトがいいですね。
 今からのキーワードでしょうね。
 味や栄養を含め、食事は基本中の基本ですので頑張って欲しいですね。
 都会も田舎も関係なく
 冷凍食品、レトルト食品、コンビニ食品、FFの時代ですので
 ちょっと料理上手なお母さんの味(と栄養)は必須ですね。
 長くなりすぎました・・・・・・

 

 早速、
  エクセルシスブラックが便利ではありますね
  ミルクメニューまでワンタッチですから。
  やや高価ですけどね。
  http://www.e-espresso.net/xelsis_0-2.html

 

  ミルクメニューを少し手間を掛けられるなら
  デロンギでもいいですね。
  http://www.home-espresso.jp/a7_delonghi_ecam23210b-saeco.html

  マシンを購入する場合は
  開店の1ケ月以上前に、購入されて
  使い方の練習、ミルクメニューなどカップやグラスに合わせて設定
  豆の選定など、お家で準備されるといいとは思いますね。

 

Q

  海外で家庭用の普通の小さなカプチーノマシンはずっと使っていて毎日おいしい

  カプチーノが作れていました。

 

  先日日本に帰国しデロンギーのカプチーノマシンを購入しましたが全くアロマが

  出ません。コーヒーの量を調節したり詰め方を変えたりしても上手くいきません。

 

  10年以上もカプチーノマシンを使っていて今まで問題がなかったので同じような

  方法でやりましたがカプチーノが上手く作れません。

 

  コーヒーも以前使っていたのと同じもの(ラバッツァのクオリタ オロ) を使いましたが

  やはりダメです。

  ラバッツァのクオリタ オロが好きなのでこのコーヒーを使っておいしいカプチーノが

  できるカプチーノマシンを探しています。そちらにありましたら教えてください。

  家で使うだけなので小さい

 

    

  カプチーノマシンでいいです。お返事お待ちしております。

A

 お問合せありがとうございます。

 

 早速ですが
 デロンギーのカプチーノマシンを購入しましたが全くアロマが出ません・・
 ハンドル式のデロンギマシンはアロマが出難いですね。

 全自動ではきっちり出ますね。
  http://www.home-espresso.jp/a7_delonghi_ecam23210b-saeco.html

 

 HP下部の動画を参照に

 以前はSaecoの小型ハンドル式もございました。
 サエコでは小型機もクレマ増強装置がありますのでクレマは出易いです。

 

 しかし、昨年夏にて終売になっております。

 コンパクトでクレマもしっかりでるのは
 マグニフィカSプラスECAM23210B  これがおすすめです。

 

 少し大きめで
 クレマをより抽出されたい場合は
 Saecoタレアリングプラス
   http://www.e-espresso.net/talearing_0-2._endaka2012.html

 Saecoタレアジロプラス
   http://www.e-espresso.net/taleagiro_0-1_endaka2012.html

 
 手軽でカプチーノを楽しみたい場合は
 Saecoエクセルシスでしょうね。
 http://www.e-espresso.net/xelsis_0-2.html

 

 

Q

  お願いします。

 

  1,家庭用で

  2,比較的ハードに使う 1日10杯くらい

  3,メンテナンスがなるべく簡単

  4,ミルクは使いません

 

  以上で、おすすめをお願いします

A

 お問合せありがとうございます。

 早速ですが
   1,家庭用で
   2,比較的ハードに使う 1日10杯くらい
   3,メンテナンスがなるべく簡単
   4,ミルクは使いません

 

 ●ミルクは使わない点でいきますと
    エクセルシス、タレアシリーズはもったいないですね。

 

 ●メンテナンスがなるべく簡単
  ミルクを使用しないなら、そうどの機種も大差ないですね。

  

  Saecoにこだわるなら
  オデアカプチーノシルバーで充分ですね。
  http://www.e-espresso.net/odea_cappuccino_silver-1endaka.html

 

  デロンギな
  マグニフィカSプラスECAM23210B
  http://www.home-espresso.jp/a7_delonghi_ecam23210b-saeco.html

  家庭でお手入れ、操作性を重視すると
  マグニフィカSプラスECAM23210Bがオススメですね。

 

 

Q

 今年の10月頃につくば市研究学園、つくば市役所の近くにパン屋(イートイン有り)

 の開店を予定しています。

 

  セルフサービス(有料)でお客様に入れて頂ける、コーヒーマシンを捜しています。

 パンを買いに来た方に提供する程度なので、1日10〜20杯くらいを予想しています。

 

  ネットで購入するとアフターサービスに困るとも聞いたので、どこで購入したらいいのか

 考えていたところ、御社のサイトを見つけました。

 

  なるべく操作のわかりやすい機種で、10万円以下の製品が希望です。味の違いに

 ついては正直よくわかりません。

 

   おススメの機械がありましたら、教えて下さい。よろしくお願いします。

A

 お問合せありがとうございます。
 パン屋開業おめでとうございます。

 

 セルフサービス(有料)でお客様に入れて頂ける、コーヒーマシン・・
 昨年まではサエコにもコインを入れて抽出できるマシンが
 あったのですが、今はございません。

 

 卓上式で20万円前後ですが

  100万以上だせば、他社でも有料セルフマシンんはあるでしょうが
  高過ぎますね。

 

 コーヒーのみ、1種類だけでしたら
 1杯100円とかでサービスされる方もいますね。

 

 マシンにコインを入れず、何か別の容器に硬貨をいれて

 コーヒー1種類のみでしたら
 オデアカプチーノシルバーで充分だと思います。
  http://www.e-espresso.net/odea_cappuccino_silver-1endaka.html

  ミルクメニューも提供されるなら
 エクセルシスですね。
  http://www.e-espresso.net/xelsis_0-2.html

 

 ネットで購入するとアフターサービスに困るとも聞いたので、どこで購入したら・・

 このエスプレッソマシンは業者さんでは故障対応ができません。

 

 家電の量販店と同じですね、受付してメーカーで修理ですので、
 ネットでも、地域の厨房屋さんでも、最終的にはメーカーに送って修理です。

 故障は、絶対に無いとは言えませんが
 メンテナンスをちゃんとすれば、そうそう故障するものではありませんね。

 

 コーヒーは原価20~30円(豆だけ)のお安いメニューです、
 無料で出して、顧客満足を上げるのも一つの選択肢だとは思いますね。 

 

Q

 saecoのエクセルシスのステンレスとスチールはなぜ値段がちがうのでしょうか?

  スチールのブラックのものが機能が一緒である場合はお得なのでしょうか?

A

 お問合せありがとうございます。

 

 そうなんですね。

 中の部品、機能は同じですね。
 違いは外装の材質です。

 シルバーはステンレス仕様
 ブラックはスチール(鉄)塗装になります。
 通常使用されるのに、外装は問題ないですね。

 厨房内で使用される方や部屋の色バランスでシルバーを
 購入される方はいますが、今はブラックを購入される方が
 増えてきましたね。

 

Q

  現在マシンの購入を考えております。

 

 現在はコーヒーと紅茶を1日に嫁と併せて7.8杯位かな?

  マシンはジロプラスかリングプラスを考えてます、ミルクアイランドは必要ですか?

  カプチーノは好きですが、通常のスチームで十分かなと考えます。

  ミルクアイランド無しの2種類の価格もお教えください。

  

 よろしくお願い致します。

A

 お問合せありがとうございます。
 

 タレアシリーズはメーカーからミルクアイランドをセットで出荷されます。
 マシン単体での仕入れが出来ない仕組なのです。

 

  単体でお客様に販売しますと
  どうしてもミルクアイランドが不良在庫になってしまいます。
  すでに、弊社に7つのミルクアイランドが眠っております。

 

 その点はご理解くださいませ。

   タレアジロプラス本体単体のみで 73,800円(送料税込)
   タレアリングプラス本体単体のみで 93,800円(送料税込)

 よろしくお願い致します。

 

 また、
 弊社5月よりデロンギ全自動マシンの扱うように幅を広げております。
 おすすめは
 マグニフィカSプラスECAM23210B(並行輸入ではなく、正規品)
 通常 99,800円(送料税込)ですが
 タレアリングプラスと同じ 93,800円(送料税込)にさせて頂きます。
 (マシンの入荷が遅れており、来週の納品にはなりますが・・・)
  http://www.home-espresso.jp/a7_delonghi_ecam23210b.html
 (HPはリニュアル中ですので、不備もございます)

 

  我が家で以前は、タレアリングをしようしており
  一昨年からエクセルシスを愛用して
  今は、マグニフィカSプラスECAM23210Bを使い始めましたが
  10万円以下のこの性能、機能、思いのほかデロンギの最新機種のデキの良さに
  驚いている次第です。

 

  併せてご検討くださいませ。

 

Q

  初めまして、私は5月22日に自宅にて小さなカフェを開くものです。

  1年半前からカフェを開く為に経営や資格取得の勉強をしてきましたが、

  今、エスプレッソマシーン選びに悩んでおります。

 

  カフェのスペースや営業時間、席数から申し上げますと

 

   カフェのスペース・・・キッチンを入れて、13坪ほど

   席数・・・・・・・・・15〜16席

   営業日・時間・・・・・平日の火・木・金  12:00〜17:00

 

  このような営業形態にはいろいろと訳がありまして、1人での経営を考えております。

  住宅街での開業で我が家である一軒家の一部をカフェスペースにリフォームしました。

  家族が居ない時間の営業です。

 

  こんなカフェの場合、エスプレッソマシーンの大きさや仕様はどのように考えれば

  いいのか、頭の中でシュミレーションしては自問自答して頭を悩ましているところです。

 

  候補にあげているマシーンは「デロンギの業務用ESAM1100DJ,

  ECAM22110SBH,ESAM5500MH」です。

 

  このマシーンを考えてる理由は

 

  *ドリンクメニューにカフェラテ・カプチーノ・ホットミルク・ココア・ミルクティーが

   あります。

 

  *カフェラテとカプチーノを全自動で淹れてくれるマシーンには1人での経営には

   魅力がありますが、  ココア・ミルクティーのためのミルクを温めててくれる

   スチームノズルがあるマシーンも 魅力的です。

 

  *できれば、この小ささで全自動でカフェラテ・カプチーノを淹れてくれて、

   スチームノズルも使えるものがあればいいのですが・・・

 

  *ちなみにコーヒーは8杯分ドリップできるマシーンを購入しました。

 

  *Saecoについてはまだ全くわかりません。

 

 *カフェのホームページがあります。http://samanntha.4clv.jp

 

 

 アドバイスどうぞよろしくお願い致します。 

A

 開業おめでとうございます。

 

 早速ですが
 サエコの場合は 全自動のエクセルシスが御一人の運営には適していると思います。
 カプチーノ、ラテもボタンひとつです。

 スチームノズルもありますので、自分で泡立ても可能です。

 

 お湯もでますので、紅茶なども簡単。

   http://www.e-espresso.net/xelsis_0-2.html

 

 長くなりますが
 動画を用意しています。
   http://www.e-espresso.net/xelsis_0-7.html

 

 ご検討くださいませ。

 

 

     このページのTOPへ